ホテルファンドで安定した収益 ― 増え続けるホテルと客室数

ホテルファンドの対象となる、日本全国のホテル営業施設数とホテル営業の行われている客室数は年々増加傾向にあります。

厚生労働省の統計によれば、営業ホテル施設数及び客室数は、平成16年度におけるホテル営業施設数は,7,944施設、ホテル営業客室数は59万5,839室でしたが、平成16年度におけるホテル営業施設数は8,811施設、ホテル営業客室数は68万1,025室にまで増加しています。

平成10年度以降平成16年度までの期間において、ホテル営業施設数及び客室数はいずれも継続して増加傾向にあります。

これは、ホテルファンドの対象となる市場が拡大していることを意味します。

ホテルファンド ホテルへの社会からのニーズ

ホテルは社会生活に必要不可欠なインフラとして位置づけられます。

・ビジネスホテル
 利便性を高めると共に、安らぎを与える空間

・シティホテル
 人と人との出会いの場

・リゾートホテル
 家族や友人との憩いの空間

ホテルファンドの主たる投資対象であるホテルは、産業集積、人口集積、観光資源、交通インフラに恵まれた特定の地域・地帯においては、ますますその重要度を増してきています。またホテルの形態においても機能の分化と向上が見られます。ホテルは、ビジネス、商業、居住、交通インフラを物理的に接続し、各エリアの橋渡し役を担う必要不可欠な存在です。そのためのホテルファンドに必要な不動産は、その空間を最大限活用することにより社会的なニーズに応えることのできる付加価値の高い資産となります。


ホテルファンドは、

・社会的ニーズに基づいた安定した収益

・安定的な収益と分配金

これらを満たした理想的なファンドであるともいえます。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。